盲導犬の役割とは?

盲導犬は最近非常に増えてきています。
目が不自由な方の代わりの目になることで、移動する時に事故に巻き込まれないために盲導犬は非常に重要な役割を果たします。

この盲導犬は盲導犬訓練士と言う資格を持った方が訓練をすることによって、育てることが出来ます。
この盲導犬訓練士と言う資格は目が不自由な方にとって非常に貴重な存在になっています。

 

目が不自由だと生活のほとんどが上手くいかなくなります。
歩くのも困難ですし、ものがどこにあるのか把握出来ません。

1人では生きていくことも出来ない状況に陥ってしまうので、盲導犬はペットの域を超えた存在になっていると思います。
最近では電車やバスの中にも盲導犬と一緒に乗れるところも増えているので、障害者にとって住みやすくなってきています。

 

とはいっても、まだまだ盲導犬が入れない店や公共機関が多く存在するので、盲導犬訓練士は盲導犬を訓練するだけでなく、障害者の住みやすさを考えることも重要になってきます。

この盲導犬訓練士はペット資格の中でもかなり難易度が高く、1次選考、2次選考、最終選考と3段階に分けられて試験が行われます。
この内合格するのがわずか3.2%と非常に低いです。

 

それだけ専門の知識と技術が試されるというわけです。
障害者の目となるわけですから、中途半端な盲導犬を育てるわけにはいかないからこれだけの厳しさになっているのですね。

もし盲導犬訓練士になりたいと思っているなら、相当な覚悟を持って臨むことが重要になってきます。